ぺんラボ -penlabo.net-

~かゆいところはございませんか~

BtoB対応

BtoBの取引にも対応します。 ぺんラボでは再販を伴うものをBtoBと定義します。 自らが使用する目的であればBtoCとなります。

ぺんラボにおけるBtoBの定義

顧客(Customer) ←[販売]─ 御社(Business) ←[納品]─ ぺんラボ(Business)

BtoBでは顧客への販売条件の提出が必須となります。 開示できない場合は、BtoBの対応は出来ません。 変更があった場合は遅延なく情報を提供するものとします。

即日出荷できます

顧客が希望する納期で発送します

可能な範囲で、納期に対応します。 納期とは発送期日であって着荷日ではありません。 また、設備的・技術的に対応が可能な場合に限ります。

納期を縮めたい場合は単価は高く、逆であれば単価は安くなります。 発注方法にもよりますが、データ入稿で14時締め切りです。

利益保証します

御社に利益の出る金額でお納めします

可能な範囲で、価格に対応します。 基本的に販売額の6掛けで納品を予定しておりますが、その他の条件により前後します。 価格は税抜きで、送料は含まれません。 また、設備的・技術的に対応が可能な場合に限ります。

取扱量にもよりますが、単価を下げたい場合は納期は長く、逆であれば納期は短くなります。

代行出荷できます

御社の名前で出荷します

販売者の名前で出荷し、顧客まで直送します。 送料を抑えられるメール便などの投函便では、発送者の記載が必須となりますので、ペんラボの事業情報が併記されます。 宅配便であれば完全に隠匿できますが、配送料は高めになります。

取扱量にもよりますが、単価を下げたい場合は納期は長く、逆であれば納期は短くなります。

簡単発注です

専用の受発注システムを構築します

新規事業の場合は、ペんラボ開発のネット印刷通販システム「POAS」を使用し、専用の受発注サイトを構築します。 取扱量が見込める場合は維持費は無料ですが、新規事業の場合は通常の利用料が発生します。 完全カスタマイズの場合は通常の開発費用が発生します。

業者乗り換えの場合は、発注方法を引き継げます。 ただし、作業や人員のうえで無理が出る場合は変更させていただくことがあります。