契約・規約など

  • 2016年04月01日更新

ソフトウェア・システム開発

  • ぺんラボが開発を請け負ったソフトウェアならびにシステム(以下、納入ソフトウェア等とする)の瑕疵担保期間は、B2Bにおいては商法第526条2項にあるとおり納入より6ケ月、B2Cにおいては民法第637条にある通り1年を期限とする。
  • 納入ソフトウェア等に不具合が確認された場合、ぺんラボは通常業務に影響が出ない範囲で対応を行うものとする。 ただし、瑕疵担保期間を過ぎたものは義務とはならず、有償またはそれに準ずる対価を申し受けるものとする。
  • 納入ソフトウェア等で使用されるぺんラボが開発したオリジナルのライブラリやモジュール等(以下、ライブラリ等とする)は、納入時の構成でのみ制限なく使用できるものとする。
  • 納入ソフトウェア等の権利はぺんラボが有し、別途定めの無い限り他者は手を加えることは出来ない。
  • ライブラリ等に不具合が確認された場合は、修正する目的でのみ他者は手を加えることができる。 ただし、報告の義務を有する。
  • 納入ソフトウェア等に組み込まれたアイデアやデザインなど提供された情報・コンテンツ・データなどはぺんラボに帰属するものとする。

ぺんラボが運営するサービスや開発案件に対する共通となる規約です。 過去に取り決めがないものは、3か月の猶予をもって適用されるものとします。 ただし、商法や民法に記載がある事項については、即時に効力を有するものとします。 規約はB2C、B2Bの双方を対象としますが、B2Bでは特記が優先されます。 調整中です。

請求について

  • ぺんラボが提供するサービス等の利用者は、日本国の通貨を対価として支払うものとする。 ただし、紙幣または金融機関や決済代行などの代替手段を用いることもできるものとする。
  • 支払方法には郵便振替・銀行振込・代金引換などの手段を用意し取引ごとに指定できるものとする。 ただし、B2Bにおいては請求書払いに対応する。
  • 請求は月末締めの翌月末払いとする。 ただし、末日が土曜・日曜・祝日の場合は最短の平日まで繰り上げる(前倒しする)ものとする。
  • 支払手数料は支払う側が負担するものとし、請求した金額の全額をぺんラボが受領するものとする。 請求額の満額を受領するまで、サービス開始や商品発送などの役務を保留できるものとする。 ただし、B2Bにおいては繰越として次回請求時に合算して支払うことができるものとする。
  • 3ヶ月に渡り請求金額の満額を受領できない場合は、サービスの停止を行ったうえで不足額の請求を行う。 これより1ヶ月以内に不足分の支払が完了しない場合は、請求書に記載されたサービスの全てを不足額で売却したものとして扱う。 売却後のサービスの運営についてはぺんラボが全権を有し、利用者は全ての権利を失うこととする。 また、停止後のサービス再開には事務手数料としてサービス毎に1500円(税抜)を請求する。
  • 領収書は原則として発行しないが、希望する場合は事務手数料として300円(税抜)を計上する。

支払について

  • ぺんラボが利用するサービス等の提供者に対して、日本国の通貨を対価として支払うこととする。 ただし、紙幣または金融機関や決済代行などの代替手段を用いることもできるものとする。
  • 支払手数料はぺんラボが負担する。
  • 支払方法は可能な範囲で希望に応えるものとする。
  • 請求書により末日を期日として求められているものは、概ね25日前後に支払を行うものとする。
  • 支払を特定の日付で求める場合は、口座引き落としで対応する。
  • 領収書の発行は求めない。

仮受金について

「ペんラボ」名義の事業用口座、ペんラボの事業主である「石川悟史」名義の個人口座に不明な入金が発生した場合は仮受金として扱います。 この仮受金への申し立ては入金日より1ヶ月を期限とし、超過した場合は所有権を放棄したものとみなします。

注文で前払いの支払遅延に伴う取消後の入金は、取消を取消して再開する方向で対応いたしますが、納期は継続の意思を確認できた次点を開始とします。 受注システムの都合(Yahoo!ストアなど)により取消の取消ができない場合は、新規に注文を登録して頂く必要があります。 ただし、ポイントやクーポンが使用できないことなどによる請求額に変更があった場合、同じ方法での支払いが必要となります。

誤った手続きにより振込を行ってしまった場合は、振込元で組み戻しを行ってください。 当店から振込みによる払戻しを希望される場合、事務手数料として500円(税抜き)を相殺した金額を、支払手数料受け取り側負担にて手続きします。

その他

  • 解決しない問題が発生した場合は、横浜簡易裁判所または横浜地方裁判所にて解決することとする。